文字の
サイズ

リハビリテーション

療育の内容に応じて、各専門職が対応いたします

当センターでは、医師・療法士・心理判定員の診断・評価を元に策定したリハビリテーション計画に基づいて、各種リハビリと相談事業を実施しております。総勢50人を越えるリハビリテーションスタッフが皆様の療育をサポートします。

リハビリテーションスタッフ全員集合

 

2019年度からのリハビリテーション受け入れに関して

理学療法(PT)、作業療法(OT)、言語聴覚療法(ST)、心理検査・相談の受け入れに関して

近年、児童福祉法に基づき、障害者福祉サービス受給者証を利用して児童発達支援(療育)を提供する機関(児童発達支援センター、児童発達支援事業所)が整備されてきたため、改めて当センターのリハビリテーション部門への受け入れルールを再構築いたしました。 医療機能を併設した島田療育センターでは、医療的ニーズの高いお子様や近隣地域の多くのお子様に対して発達支援の場を提供していきたいという考えから下記のルールを定め、2019年4月から運用いたします。ご不便をおかけいたしますが、何卒ご理解・ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

 

1.重症心身障害・肢体不自由系 未就学児 (摂食外来は除く)
病院、医療型児童発達支援などで個別訓練・指導を受けている方 提供いたしません。
受給者証で旧通園施設または同等の通所施設を利用(1~5日/週)(例えば、すぎな愛育園、町田市子ども発達センター、ひまわり教室など) 評価の上検討(ST/心理は提供いたしません)
幼稚園・保育園と併用して、受給者証で児童発達支援を利用 利用が集団指導のみの場合は、評価の上検討 (個別指導を受けている場合は提供いたしません)
受給者証未取得(児童発達支援の利用なし) 評価の上検討(原則としてOT、STは就学まで)

 

2.発達障害系(自閉スペクトラム症、注意欠如・多動症など、1歳6か月までに歩行獲得) 未就学児 
受給者証で児童発達支援利用 提供いたしません
受給者証未取得(児童発達支援の利用なし) 評価の上検討(OT、STは就学まで)

 

  • 評価、訓練ともに医師の判断・指示のもとに実施されます。評価・訓練開始後も3か月毎の診察が必要です。
  • OTは原則として、年少からの開始になります。
  • ご不明な点はお問い合わせください。

 

リハビリテーション各科のご紹介


理学療法

運動発達の評価、姿勢・歩行等の訓練など、運動発達に関するご相談を承ります 理学療法科

  • 運動発達の評価
  • 姿勢、歩行等の訓練・指導
  • 呼吸機能の訓練
  • 車椅子・補装具等のアドバイス

 

理学療法訓練の様子




作業療法

遊びなどの活動を通して心身の発達を支援します作業療法科

  • 生活動作(食事・着替えなど)
  • からだの動きや姿勢
  • 手先の細かい動き
  • 感覚(見る・聞く・触るなどの感じとる力)

 

作業療法訓練の様子




言語聴覚療法

発達にあわせて豊かなコミュニケーションを育てます言語聴覚療法科

  • コミュニケーションの指導
  • ことばの指導
  • 発音の指導
  • 食事指導
  • ことばときこえの検査

 

 

言語聴覚療法訓練の様子




心理

発達状況や特性、心の状態に応じた支援を行います 臨床心理科

  • 発達状況や心の状態の評価
    (発達・知能・人格・その他各種検査)
  • 発達支援
    (発達の状況に合わせた遊びや余暇の提案・指導等)
  • 気持ちや行動のコントロールに向けた指導・支援
    (気になる行動への支援・指導や、悩みや心の問題の解決に向けた相談)
  • 社会的スキル指導
  • 学習に必要な力に関する支援・指導
  • 保護者相談
    (ご家庭や学校・園での適応に関する相談支援)

 

心理指導の様子



ダウン症乳幼児グループ指導 「ほっぺグループ」

「親子で楽しみ」「励まし合い」「少し勉強をして」大きな集団に入るまでのステップに。
多摩市から助成金をいただき、活動をしています。

 

臨床心理科

グループの目的

  • 遊びの中で人とかかわる力や感覚・運動の発達を促す
  • 食べる力を伸ばす
  • 保護者の方の交流の場

 

指導期間

平成30年5月22日~平成31年月12日(基本的に第2・4火曜日)

 

 

グループ概要

対象 生後10ヶ月から年少未満までのダウン症のお子さん
時間 9時30分~11時頃
内容 親子遊び、感覚運動遊び(夏期にはプール指導)、摂食指導、 勉強会(コミュニケーション・お食事・栄養など年に3回程度)
費用 医療保険の適応となっており、実費負担はありません。
場所 島田療育センター デイケアセンター1階 集団訓練室  
または 厚生棟研修室
持ち物 スプーン、コップ、タオル、エプロンなど(おやつを食べるのに必要な物)
服装 親子ともに動きやすい服装
スタッフ グループ担当医師1名(医療面をサポートします)
言語聴覚士5名(ことばや食事についてサポートします)
理学療法士(夏期のプール指導において介助方法をお伝えします)
ケースワーカー3名(参加の相談や運営に関するサポートをします)

 

活動の内容

集団遊び 手遊び歌やペープサートなどやりとり遊びを通して、インストラクターやお友だちに注目するなど集団に参加する基盤をつくっていきます。
感覚運動遊び 親子で体操や感覚・運動遊びなど体を動かします。
夏期にはプール指導も予定しています。
摂食指導 保護者の方とスタッフがお子さんの食べる時の姿勢や口の動きを観察し、食べることについての心配事や疑問について話し合います。

※ 必要に応じてほっぺグループの他にPT(理学療法)やST(言語聴覚療法)など個別指導を行うことがあります。 医療制度上、ほっぺグループとST個別指導を同日に受けていただくことはできません。 ST個別指導がほっぺグループと同日の場合は、個別担当者と指導日の調整をお願いいたします。

 

ほっぺグループの様子

 

お申込み

参加前に一度グループの見学をしていただいております。
参加ご希望の方は、医療相談科までご連絡ください。
見学後、当センター主治医の指示が必要となります。

 

グループ当日

受付でファイルを受け取り、問診票で健康チェックをお受けになってからお越しください。

 

お問い合わせ

医療相談科

電話 042-374-2607 (直通) (土日祝日を除く 9:30~17:00)