担当医略歴

経歴

担当医 院長 久保田雅也

1979年 九州大学工学部大学院 応用原子核工学専攻修士課程修了

1980年 富士通Social Science Laboratory(株)辞職

1986年 佐賀医科大学医学部卒業

1986年 東京大学医学部附属病院小児科

1987年 都立神経病院神経小児科

1989年 都立府中療育センター小児神経科

1991年 都立八王子小児病院小児科

1993年 東京大学医学部附属病院小児科助手

2004年 都立八王子小児病院小児科医長

2007年 国立成育医療研究センター神経内科医長

2015年 東京大学教授(兼任、工学部大学院情報理工学研究科)

2017年 国立成育医療研究センター神経内科診療部長

2020年3月 国立成育医療研究センター神経内科診療部長 退職

4月 島田療育センター 副院長 就任

東京大学非常勤講師(工学部大学院情報理工学研究科)

専門領域

小児神経領域の疾患全て:
小児期発症てんかん症候群、運動異常症(ミオクローヌス、ジストニア、振戦などの不随意運動)、トゥレット症候群、睡眠障害、急性脳症後遺症、結節性硬化症、稀少神経疾患(先天性無痛無汗症、コケイン症候群、ミトコンドリア病、その他未診断の退行を示すもの)など、また重症心身障害児(者)の療育やケアに関しても対象とします。
臨床神経生理学(脳波、誘発電位、脳磁図、磁気刺激を用いた病態生理解析)

専門医資格

日本小児科学会、日本小児神経学会、日本てんかん学会、日本臨床神経生理学会(脳波)

所属学会

日本小児科学会、日本小児神経学会、日本てんかん学会、 日本臨床神経生理学会、日本神経学会、日本認知神経学会、日本生体磁気学会、 日本結節性硬化症学会、「Brain and Development」誌 編集幹事、アジアオセアニア小児神経学会、国際小児神経学会

主な著書

  1. 「ここまでわかった小児の発達」五十嵐隆、久保田雅也 編集 中山書店 2010
  2. 「小児科学レクチャー 3ー6 徹底解説!小児のてんかん」久保田雅也 編集 総合医学社 2013
  3. 「愉しく学ぼう 小児の臨床神経生理 ベッドサイドで役立つ見方・考え方 久保田雅也ほか(分担執筆)小児脳機能研究会 編集 診断と治療社 2015
  4. 熱性けいれん診療ガイドライン2015 日本小児神経学会、 熱性けいれん診療ガイドライン策定委員会 診断と治療社 2015
  5. 結節性硬化症の診断と治療最前線 久保田雅也ほか(分担執筆) 日本結節性硬化症学会 , 樋野 興夫 編集 診断と治療社 2016
  6. 「動画でわかる小児神経の診かた」久保田雅也ほか(分担執筆)藤井 克則 編集 羊土社 2020
  7. Kubota M. Modern neurophysiological methods in pediatric practice with special reference to magnetoencephalography. in Panteliadis CP and Darras BT (eds): Encyclopaedia of paediatric neurology, theory and practice, ed 3, Georg Thieme Verlag-Stuttgart, 2005, pp113-134.
  8. Kubota M. Childhood epilepsy and developmental disorders. In Matsuura M, Inoue Y (eds): Progress in epileptic disorders vol. 8, Neuropsychiatric Issues in Epilepsy. John Libbery Eurotext, UK, 2010, pp75-84.
  9. Kubota M. Cockayne Syndrome: Clinical Aspects. In: Nishigori C., Sugasawa K. (eds): DNA Repair Disorders, Springer, Singapore 2019, pp115-132.

最近の主な原著論文

  1. Kubota M, Chida J, Hoshino H, Kashii H, Ozawa H, Koide A, Hoshino A, Koyama A, Mizuno Y, Yamaguchi M, Yao D, Yao M, Kido H. Thermolabile CPT II variants and low blood ATP levels are closely related to severity of acute encephalopathy in Japanese children. Brain Dev 2012;34:20-7.
  2. Morimoto K, Nagaoka K, Nagai A, Kashii H, Hosokawa M, Takahashi Y, Ogihara T, Kubota M. Analysis of a child who developed abnormal neuropsychiatric symptoms after administration of oseltamivir: a case report. BMC Neurol. 2015 5;15:130. doi: 10.1186/s12883-015-0393-2.
  3. Kubota M, Ohta S, Ando A, Koyama A, Terashima H, Kashii H, Hoshino H, Sugita K. Hayashi M. Nationwide survey of Cockayne syndrome in Japan: its incidence, clinical course and prognosis. Pediatrics International. 2015;57:339-47
  4. Hoshino H, Kubota M. Canavan disease: Clinical features and recent advances in research. Pediatrics International 2014;56:477-483.
  5. Haga N, Kubota M, Miwa Z. Hereditary sensory and autonomic neuropathy types IV and V in Japan. Pediatrics International. 2015;57:30-36.
  6. Okazaki-Fukui K, Kubota M, Terashima H, Ishiguro A. Early administration of vitamins B1 and B6 and L-carnitine prevents a second attack of acute encephalopathy with biphasic seizures and late reduced diffusion: a case control study. Brain Dev. 2019;41:618-624.
  7. Suzuki-Muromoto S, Kosaki R, Kosaki K, Kubota M. Familial hemiplegic migraine with a PRRT2 mutation: Phenotypic variations and carbamazepine efficacy. Brain Dev. 2020;42:293-297
  8. 久保田雅也 :乳児期の運動——運動における意識と無意識 発達2016;148:40-46.
  9. 久保田雅也,寺嶋宙 小児運動異常症に対するバクロフェン髄注療法について 小児の脳神経 2017;42:261-270.
  10. 久保田 雅也,木村 育美 MEGとアイトラッキングによるアスペルガー症候群の顔認知解析 臨床神経生理学 2018;46:124-131.
  11. 金森 啓太, 久保田 雅也 けいれん. 【小児 一次救急マニュアル-帰宅可能か?二次救急か?判断のための手引き-】症状別アプローチ 小児科. 2019;5:582-593.
  12. 川井 未知子, 久保田 雅也 亜急性硬化性全脳炎. 治療法の再整理とアップデートのために 専門家による私の治療 日本医事新報. 2019;4966:48.
  13. 早川格、久保田雅也 小児神経疾患の病歴.  特集 小児神経学―現在から未来へ 小児内科. 2020:52:316-321.
タイトルとURLをコピーしました