検査室のお仕事

2014年5月24日島田の日常

臨床検査科は患者様から採取された血液、尿、便などを調べる検体検査、患者様を直接調べる脳波や心電図といった生理機能検査を行っています。

 

採取された検体がどんな機械で測定されているのか、見る機会はあまりないと思うので、ここで少し紹介したいと思います。 検体検査のメインはこの2台。

 

血液学的検査 赤血球や血色素から貧血の程度、白血球の数から炎症の程度を調べます。

DSCF3090

 

中はこんな感じ。ここに血液が流れて測定されます。

DSCF3097

 

生化学、免疫学的検査
糖、コレステロール、タンパク、酵素など血液中の様々な成分を調べます

DSCF3091

 

見た目は家電のようですが、蓋を開けるとこうなっています。

DSCF3093

 

検体検査はこれ以外に尿検査、血液ガス、細菌検査なども行っています。

 

執筆者 臨床検査科 中野 智子