数―数えてみよう

2014年11月26日ことば

今回のテーマは数です。

 

鋭い方は

「あれ?ことばのブログで数?」

「数もことばなの?」

と思われたかもしれませんね。

 

実は「いち、に、さん、よん…」というのは数詞と言われ、

数を表すことば なのです。

ことばの世界って広いですね。

buta

 

数と聞くと、算数を思い浮かべて

「何だか難しそう」

「学校に入ってから学べばいいのでは…」

と思われる方もいらっしゃるかもしれません。

 

子どもたちの姿をみてみると、

「何歳?」と歳を聞かれることで  数を意識したり、

お菓子を2個もらうより 3個もらった方がうれしかったりと

学校に入る前から生活の中で  数とかかわり、数の理解を深めていきます。

 

前置きが長くなりましたが、 本題『数えてみよう』についてのお話です。

 

きのこ狩り

 

数を数える方法は様々なのですが、

今回は目の前にある物がいくつあるか

1つずつ数える上げることについて考えてみましょう。

 

一般に数を数えられるようになるためには

1 (one) 数(数詞)が唱えられるようになり、

2 (two) 数詞と物が一対一で対応づけられるようになること

が重要で①から②へと発達していきます。

 

2 (two)では「1、2、3、5、6」のように 途中で数を抜かしたりすることなく 安定して数を唱えられることが大切です。

まだ「いち、に、さん…」と 10まで数を唱えるのが難しいお子さんは

まず1から3まで

次は1から5まで

それができれば1から8

そして1から10まで などと、

少しずつ長くして 覚えて唱えられるように できるとよいと思います。

 

きのこ 親子

 

お風呂の中や車の移動時間などで 数を唱えてみたり、

数字に興味のあるお子さんとは 数字をみながら数を唱えてみたりと

生活の中でお子さんに合わせて されてみるとよいと思います。

 

おちば ライン

 

本参考文献本

子どもは数をどのように理解しているか   吉田甫 著  新曜社 特別支援教育の理論と実践 Ⅱ指導    竹田契一 編  金剛出版

執筆者 言語聴覚療法科 石川