ことばを引き出すやりとり遊びの紹介①

2020年6月10日ことば

こんにちは晴れ

 

6月に入って、そろそろ傘の出番が増えてくるころですね小雨

おうちで遊ぶ時間が多いこの季節にぴったりの遊びを、今回も教材とともにご紹介したいと思います家

 

今日紹介する遊びは「着せ替えセット」を使った遊びです!

今回も手作り教材を作成したので、ぜひ印刷して使ってみてくださいねわーい (嬉しい顔)

きせかえごっこ遊び
Size: 152KB

 

それでは、「着せ替えセット」を使って、言葉でのやりとりを引き出す遊びをご紹介しますひらめき

それぞれの遊びの中での声掛けのpointなども動画内にまとめてみたので、よかったら参考にしてみてください!

 

①聞いてみよう、選んでみよう

シャツ・ズボン・帽子・靴など物の名前を言って選んだり、赤・青・黄・緑の4色からほしい色を伝えて選びながら遊びますぴかぴか (新しい)

お店屋さんとお客さんに分かれて、ごっこ遊びの中で楽しみながらやってもいいですね!

楽しい遊びの中で、「聞くこと」や「選ぶこと」の経験が積めるといいですねほっとした顔

 

②動きの言葉や色の名前に注目しよう

着せ替えごっこをしながら、シャツを着せるときには「着ようね」、靴を履くときには「履こうね」など声をかけることで、動詞も確認できますねムード

同じように「赤いシャツだね」、「黄色い靴だね」などの声掛けによって、色の名前やものの名前も確認できますひらめき

「次は何色の服にしようか?」と相談しながら作っていくのも楽しいですね!

そういったことばのやり取りの中で、色や物の名前が自然とお子さんから出てきてくれると、とても良いですね目がハート (顔)

 

 

③完成した着せ替えを紹介しよう

完成した着せ替えを紹介してみましょうexclamation

自分で説明するのが難しい時には、大人が「何色のズボンですか?」のように質問し、お子さんに答えてもらう等のやりとりも良いと思いますグッド (上向き矢印)

2語文が分かるお子さんであれば、「赤いズボン」のように、やり取りの中で自然と文章でお話しが出てくるかもしれませんねうれしい顔

 

 

いかがでしたでしょうか?

シンプルな着せ替えセットですが、大人の声掛けや関わり方を少し工夫すると、お子さんのことばの反応を引き出してあげることができると思いますチューリップ

 

おうちでやってみるときには、お子さんが確実にわかるところから始めることが一番大切です!

簡単なやり取りから始めて、「分かった!」「伝わった!」「楽しい!」という気持ちをたくさん感じてもらうことで、聞くことや話すことに自信をつけてほしいなと思いまするんるん (音符)

また、誰かと一緒に取り組むことで、やりとりの楽しさも感じてもらいたいなと思いますほっとした顔

是非、お子さんと一緒に楽しく遊んでいる中で、ことばを育む言葉かけを実践してみてくださいぴかぴか (新しい)

 

次回も、ことばの育ちのヒントになる遊びをご紹介したいと思いますウィンク

執筆者 ST小野村