ことばの音を意識してあそぼう

2015年11月15日ことば

季節はあっと言う間に秋真っ盛り・・・もみじもみじもみじ

STことばのブログ…すっかりご無沙汰になってしまいました泣き顔

本当に、申し訳ありません。

昨年11月のテーマが…「数えること」についてでしたもうやだ〜 (悲しい顔)

間がとっても空いてしまいましたが、

今回はそれに続き「音の数を意識した遊び」をご紹介しますわーい (嬉しい顔)

きのこ狩り

音の数とは・・・日本語だと「あ・い・う・え・お」というような音のことです。

これらの音がたくさん集まって、連続することで、単語や文章が作られています。

たとえば、「りんご」という語を聞いて

それが「り」「ん」「ご」という3つの音から構成されていて

最初の音は「り」

真中の音は「ん」

最後の音は「ご」であることが分かるということですりんご

それができるようになると、複数の音の連続の中から

「りんご」というまとまりをスムーズに見つけることができるようになり、

読んだり書いたりする力へつながっていきます。

こういった音への意識が整ってくると、

単語の最後の音を取り出すできるようになり、

「しりとり」も楽しめるようになってきます。

しりとりやじゃんけんをして「ぐ~り~こ!」と言いながら

階段を3つ上がる・・・等の遊びを楽しむようになってきたら、

音の数への意識が高まってきているんだなぁ~と感じてもらえると思います。

buta

 

そのほか、具体的な遊びをいくつかご紹介します。

今日は、まず1つ目わーい (嬉しい顔)

いつもは数の目のサイコロを使って遊ぶ「すごろく」。

こんなアレンジをしてみましたexclamation

IMG_1607

サイコロの数字の目を絵に変えて、

「出た絵の名前を言いながら進む」というルールです。

 

さかなの絵が出たら、「さ・か・な」

ひまわりの絵が出たら、「ひ・ま・わ・り」のように

言いながら音の数だけコマを進めます。

サイコロの代わりに、絵カードを引くルールでもできまするんるん (音符)

カードの後ろに文字が書いてあると、音の数を確認しながらできるので、

お子さんにとっても分かりやすいと思いますわーい (嬉しい顔)

きのこ 親子

このゲームはお子さんのペースに合わせて

レベルアップさせながら楽しめます指でOK

最初は「さ・か・な」等の清音(50音表の文字)のみで練習わーい (嬉しい顔)

それができるようになってきたら

「ちょうちょ」では「ちょ・う・ちょ」のように「ちょ」で1マス進む

「とんぼ」では「と・ん・ぼ」のように「ん」も1マス進む

「ばった」では「ば・っ・た」のように「っ」も1マス進む・・・

というようにスモールステップで練習してみましょうexclamation

音の数え方の練習を、すごろくを通して

楽しく学んでもらえると嬉しいですわーい (嬉しい顔)ハートたち (複数ハート)

おちば ライン

次回に、また他の遊びもご紹介しますグッド (上向き矢印)グッド (上向き矢印)

執筆者 言語聴覚療法科 小野村