見て、聞いて、触れて、嗅いで、味わって…

2014年8月1日ことば

日々、お子さんの指導にあたっていると、

「おうちでどんなことしたらいいですか?」というご質問を沢山いただきます。

せっかくブログを書かせていただいているので、

今日は“おうちでしかできないこと”をお話させて頂こうと思います。

アヒル 水遊び

カードや絵本で「りんご」「りんご」とことばを教えて、

平面的な絵に描かれたりんごは分かっても、

本当の意味で「りんご」を知っているとは言えません。

ことばを本当に獲得していくためには、

実際に見て、聞いて、触れて、嗅いで、味わって

それが何たるかを学ぶことが大切ですりんご

星 仕切り

では具体的にどうやって…?

難しいことではありません、お母さんが毎日していることでいいのです。

 

例えばスーパーでお買い物がま口財布

 

「りんご取ってきて~」とりんごを探して手に取らせますりんご

「まるいね」「赤いね」「コンコンって音がするね」

「こっちは梨だね、りんごに似てるね」「いちごも赤いね、おんなじだね」

「すいかはりんごより大きいね!うれしい顔」など、りんご一つでお子さんといろんな話ができます。

 

おうちに帰って、「りんご洗おうね」「包丁で切るね」

「するするする~」と皮をむき、ママと一緒に食べるうまい! (顔)

「しゃりしゃりだね」「かたいね」「中はしろいね」「おいしいね」と

味わって、ママと気持ちを共有することができます揺れるハート

 

「りんご食べたね」「赤かったね」「おいしかったね」と後でりんごの絵を描いてあげてもいいかもしれません鉛筆

 

こんな楽しい経験をしたら、「りんご」ってことばも、

りんごに関わる沢山の情報も記憶に刻まれ、

頭の中の引き出しにしまっておけるのではないでしょうかるんるん (音符)

お買いものありさん

 

それから、魚鮮魚売り場魚では…

切り身ではなく、一尾丸ごとの魚も売っています。

「さんま、細長いね」「いわし、いっぱい売ってるね」

「○○くんの好きなマグロ、こんなに大きいお魚なんだよ」

「お魚のうろこ、光ってるねぴかぴか (新しい)

食卓に出てくる魚料理が「(泳いでいる)さかな魚」だということを知らないお子さんが時々います。

 

興味が出てきたら、お父さんと川や池にお魚を見に行くのも良いですし、

ペットショップで熱帯魚を見ても良いと思います目

「これは食べられないお魚だね」「きれいな色だね」など

スーパーの魚との違いを確かめてみても面白いですね。

金魚

 

大事なのは、お子さんの目線で。

お母さん自身が楽しめること。

だから、毎日じゃなくていいと思います。

ささっと買い物を済ませたい日もありますよねウィンク

 

星 仕切り

特別な教材を買ったり、わざわざ遠くへ出かけなくても、

お母さんの家事仕事はお子さんにとっては、とても魅力的です。

ぜひ、一緒にやってみせてあげてくださいるんるん (音符)

 

 

参考文献:

本「1.2.3歳ことばの遅い子 ことばを育てる暮らしの中のヒント」 中川信子著 ぶどう社

本「ことばの遅れのすべてがわかる本」中川信子監修 講談社

執筆者 言語聴覚療法科 志村