音を意識した遊びの紹介②

2020年6月3日ことば

こんにちは晴れ

前回の<音を意識した遊び>の記事、いかがでしたでしょうか?

絵カード、使っていただけていたら嬉しいですわーい (嬉しい顔)黒ハート

 

今回も、絵カードを使った<音を意識した遊び>をご紹介しますexclamation

よかったら、引き続き動画も参考にしてみてくださいねぴかぴか (新しい)

 

①音の数に注目した遊び

「音の数だけ積み木やおはじき等を取る」のように、手や体を動かして取り組むことで、聴覚だけでなく視覚や触覚などいろいろな側面から音の数を感じていけると良いですねムード

 

②音の数すごろく

音の数すごろくで使えるシートも手作りしたので、良かったらプリントして使ってみてくださいるんるん (音符)

すごろく台紙
Size: 63KB

絵のついたサイコロを用意するのが難しい時は、『絵カードをめくって出た絵の音の数進む』といった方法でも同じように取り組むことができますひらめき教材の用意は無理のない範囲で。。ご家庭オリジナルの教材やルールがあるのも楽しいですねぴかぴか (新しい)

 

さて、今回の遊びの中には数と関連させたものもあったと思います。

日本語では、例えば「りす」は「り」、「す」なので2つの音、、といったように音を数えます。これらの音がたくさん集まって、連続することで、単語や文章が作られています。

おうちで取り組むときには、りす→「り・す」、すいか→「す・い・か」のようにシンプルなもので、お子さんと一緒に楽しんでやってみてくださいねうれしい顔

 

2回にわたって音を意識する遊びをご紹介しましたexclamation

普段何気なく、読んだり、書いたりしている中で、単語に注目することはあっても、その単語をつくる音ひとつひとつに注意を向ける機会はなかなか無いと思います。ひらがなの読み書きの基盤にもなる大切なちからですので、遊びの中で楽しみながら育んでいけると良いなと思いますほっとした顔チューリップ

特に、文字に興味を持ち始めるころのお子さんは、ひらがなの読み書きの準備として、音に意識を向ける経験がたくさん積めるといいですねうれしい顔グッド (上向き矢印)

今回ご紹介した遊びのやりとりの中では、相手の話を聞く、絵カードの名前を言う等、ことばの発達を促す関わりもたくさんありますので、ぜひお子さんと一緒に楽しみながら取り組んでみてくださいクローバー

 

次回もおうち時間で楽しめる遊びを発信していきたいと思いますグッド (上向き矢印)

 

音を意識した遊びの紹介①はこちら↓

執筆者 ST小野村