大学院生が見学に来ました。

2014年9月24日島田の日常

ちょっと日が経ってしまいましたが、8月29日(金)の午後に、専修大学大学院で臨床心理学を専攻する修士1年生10名の方々が、見学に来られました。

臨床心理学専攻の大学院生は、修士2年になると実習が始まるため、その事前勉強として、心理職が働く様々な分野の機関、施設をいくつも見学するのです本

当日は、当センターの簡単な紹介の後、施設内をご案内しました。病棟や外来訓練室、ピコピコルームやスヌーズレンのお部屋を見ていただき(写真撮り忘れてましたげっそり (顔))、その後、当センターにおける心理職の仕事についてお話をさせていいただきました。

DSCN1129

皆さん、めちゃくちゃ真剣なので、こっちまで緊張してしまいます!ふらふら(私が話すわけではないのですが…あせあせ (飛び散る汗)

積極的に質問もあり、自分が院生だったころを思い出します。

あっという間の2時間でしたが、心理職を目指す学生の皆様に、ちょっとでも現場の雰囲気を感じていただけたのではないかと思います。わーい (嬉しい顔)

執筆者 臨床心理科 足立