スイッチとリモートシャッターで写真撮影

2019年1月23日島田の日常

皆さんはBluetoothのリモコンシャッターってどんなものかご存知でしょうか?
簡単に言うと、スマートフォンと無線で接続して、少し離れた場所からカメラのシャッターを切るための道具ですカメラ

今回は一時期話題になったダイソーのBluetoothリモートシャッターを使って、スイッチで写真撮影できるようにしたので紹介します。
この製品自体は、100円ショップのダイソーで300円で販売されていますひらめき

これをちょこっと改造してスイッチをつなげるようにすれば、好きなスイッチで写真撮影ができるようになります。
以下に手順をご紹介しますが、製品の改造をされる際は自己責任でお願いしますね!

 

改造手順

ケースを開ける

まずは電池を外し、ケースを開いていきます。
ケースの固定にネジなどは使わられておらずツメではまっているだけなので、本体の隙間に薄いプラバンなどを入れていけば開くことができます。
今回は本体が入っていたプラスチックの容器を切り出して使いました。

本体を横からつまんで、フックのような部分を倒すようにすると少し隙間ができますので、この隙間に先程のプラスチックの切れ端を突っ込んでいきますパンチ

うまく差し込めたら、あとは差し込んだまま外周をぐるっとなぞるとツメが外れてきれいに開くことができます。

基盤も固定されているわけではないので、持ち上げれば簡単に外れます。
基盤を持ち上げると、ON/OFFのためのスイッチ部品がポロッと取れますので、なくさないように気をつけましょう。

 

はんだ付けをする

ボタンはiOS用とAndroid用に分かれていますが、どちらもカメラのシャッターを切るという用途は同じです。
ただ、送っている信号が違うようなので、今回はiPadで使用するためにiOS用のスイッチに配線をはんだ付けします。

はんだ付けができたら、ケースに配線を通す穴を空け、引っ張られて配線が外れないように内側に結び目を作っておきます。

基盤を本体に収めたら、反対側にジャックをはんだ付けして改造は終了指でOK

 

カバーを閉じて、電池を入れたら完成ですぴかぴか (新しい)

 

使い方

本体の電源を入れて、iPadの設定画面からBluetoothのペアリングをします。

AB Shutter3というのがこのリモコンシャッターの名前ですね。

うまく接続ができたらお好みのスイッチをつないで、カメラアプリを起動していざ写真撮影カメラ

殆どタイムラグもなくシャッターが切れました!
標準カメラアプリはもちろん、LINE CAMERAやB612といったアプリでもきちんと動作するようですひらめき

ちょっとしたはんだ付けさえできれば、配線を気にすることなく写真撮影ができますね。
離れたところから自撮りをする、集合写真を取る、車椅子に固定したiPadで写真を撮って回る…などなどいろんな使い方ができそう。

本体自体も300円とお手頃なので、なかなか優秀なツールだと思いますウッシッシ (顔)

執筆者 ピコピコルーム 神田