足元の春

2018年3月28日島田の日常

暖かい日が続き、すっかり春らしくなりましたね。
島田療育センターの桜もこの暖かさで一気に開花が進んでいます桜

出勤の際、ふと足元に目をやると、職員駐車場の一画でぐんぐん伸びる「つくし」の姿がありました。

つくしはスギナの胞子茎で、つくしが枯れる頃に今度は下のようなスギナの部分が育ってきます。


つくしとスギナが同じ植物だってご存知でしたか?

ついつい桜の木ばかりに目が行きがちですが、足元にも春が訪れていることを感じた今日この頃です猫2

来週はもう4月。
桜も満開を迎え、当センターには新職員も入ってきます。
気持ち新たに頑張っていきましょう手 (グー)


(4月2日追記)

写真撮影から約1週間、つくしはすっかり枯れましたが、その周りにはスギナがたくさん広がっていましたうれしい顔

執筆者 支援部 神田