文字の
サイズ

ピコピコルームのご紹介

スイッチとコミュニケーション機器を揃えた部屋、ピコピコルーム

ピコピコルームの備品

 ピコピコルームでは、各種入力スイッチ、パソコン、タブレット、コミュニケーションエイドなどを揃えた部屋です。外来、セブンクローバー、入所利用問わず利用することができ、リハビリテーションの一環として、また病棟全体活動のツールとして利用することができます。

 

 

ピコピコルームとは

 平成12年度、国から「障害児の情報バリアフリーを促進しIT革命による情報通信の利便を在宅の障害児が等しく享受できる環境づくりを進める」との通達があり、それに伴い東京都から補正予算が組まれました。これを受けて、当センターを利用されている方々(入所、外来)にパソコンを利用して、遊んだり、勉強していただくためのパソコン室を作ることになりました。

 外来では、主にリハビリ訓練の道具としてピコピコルームの機器を利用しています。使い方は職種によって様々ですが、たとえば作業療法では細かい操作の練習に使ったり、言語療法や心理の訓練では因果関係の理解やコミュニケーション支援のために利用したりしています。パソコン、コミュニケーション機器に加え、最近では様々なアプリが使えるiPadも活用されています。

 

ピコピコルームの備品

パソコン、タブレット、各種スイッチ類を揃えており、外来訓練や病棟での活動で利用できるようにしています。

 

スイッチ

パソコンやコミュニケーション機器の操作に利用

大きいサイズのビッグスイッチと中くらいのジェリービーンスイッチ

押す、引く、触れる、握るなど様々な動作で使えるスイッチを揃えています。改造マウスや、おもちゃを動かすためのBDアダプタなどと組み合わせて使います。

 

ピコピコルームのスイッチ

 

コミュニケーションエイド

自分の意思を伝えるために使う機器

ビッグマック

音声を録音したり、合成音声を再生してメッセージを伝えるVOCA(Voice Output Communication Aid、音声出力式コミュニケーションエイド)です。ピコピコルームでは各種コミュニケーションエイドを揃え、リハビリ訓練や導入前の練習などに使えるようにしています。

 

ピコピコルームのコミュニケーションエイド

 

入力機器

代替マウスやキーボード、スイッチをつなぐための入力装置

らくらくマウス

パソコンに接続する代替マウスや使いやすいキーボード、スイッチを接続するための入力装置です。入力装置とスイッチを接続することで、パソコンやおもちゃを動かすことができるようになります。

 

ピコピコルームの入力機器

 

パソコン・タブレット・ゲーム機

簡単操作で楽しめる機器

WiiU

シンプルな操作で楽しめるiPadや、活動の際に役立つゲーム機を用意しています。ゲーム画面は、プロジェクタとスクリーンを使って大画面で楽しめます。パソコンはタッチパネルのものを多く用意し、ソフトと組み合わせて直感的な操作ができます。

 

ピコピコルームの入力機器

 

ピコピコにゅーす

ピコピコルームの活動や、新しく導入した機器などの紹介を掲載しています。広報誌のページからご覧いただけます。

 

広報誌