文字の
サイズ

重症心身障害児とは

重症心身障害児(者)とは?

重い身体障害(肢体不自由)の他に、色々な程度の精神遅滞(知的障害)やてんかんや行動障害などを合併している方々で、昭和41年の旧厚生省の定義では、「身体的・精神的障害が重複し、かつ、それぞれの障害が重度である児童および満十八歳以上の者」となっています。心身障害児の大島の分類という障害児施設などで使用されている分類法があり、重症心身障害児は区分1~4に相当します。

大島の分類表

重症心身障害児の主な原因

主な原因は、低酸素症または仮死などの分娩異常、染色体異常症、特殊型・その他の出生前原因、低出生体重児、新生児期高ビリルビン血症、小頭症または狭頭症、髄膜炎・脳炎後遺症、てんかん後遺症、脳外傷後遺症、その他原因不明などです。

重症心身障害児に併発してくる二次障害

主なものに、脊柱側弯症、呼吸障害、摂食障害(嚥下障害)、胃食道逆流現象(GER)、機能性イレウス(機能性腸閉塞)、排尿障害、便秘(排便障害)、骨粗鬆症と骨折、褥創(床ずれ)、低栄養状態などがあります。